2017年07月11日

遠足はお家に帰るまで!

 はい。遠足は家につくまでが遠足っていいますね。
 ようは最後まで気を抜くなってことだと思いますが、
「釣りは釣ってきた魚をさばいて食べられるようにして台所を片付るまでが釣り」

理論を展開したいと思います。

 家人が会社の人に誘われて釣りに行きました。
「持って帰ってくる?」
「……いらん」
 とかいう事前会話があったにも関わらず、クーラーボックスを会社から借りて持って帰ってきやがった。
 わたしはガラスの三半規管の持ち主で水死体確定なので釣りや海や船には行かない。

釣果
 キスが12匹
 イシモチ一匹
 タコが2
 ヒイラギが2
 ハゼ1
 ヒトデ1

 クーラーボックス開けたらハゼが生きてた。
 とりあえず、タコはスミを吐く前に口と目を取って内蔵とって塩もみするんだって〜〜とか、キスは塩で〆るんだって〜とか口だけウルサイ。
 キスのウロコ取りからやってさばいたさ!
 ヒトデは記念に持って帰ってきやがったそうなので、ベランダで日干しにしてやったらハエがくるくる。
 最後にハゼが生きている。
「どーすんのさ」
「しめて」
「やり方しらんわ!!!!」

 ハゼはクーラーボックスで一晩過ごしたら死亡したのでさばきました。
 美味しく頂けましたが、さばけないヨメだったらどうすんのさ!!
 しかもちょー独学。

 写真は、一生懸命さばいていたのでない。
 頭落として焼いた。 
 20cmのキスは骨ごと食べられた。うまかった。

 でも、釣果丸投げは納得行かない。
written by 桔梗 at 16:44 | Comment(2) | 日々是雑記 | 更新情報をチェックする