2012年06月07日

スカイツリーに昇ってきました その3

 まあ、混んでるし、夜景も見られたので、上には行かずに降りることにしました。
 昇る時は感じませんでしたが、降りる時はちょっと気持ちが悪かったエレベーター……。高度差による気圧変化もあるしね。
 お腹も空いてきた。

blue2.jpg

 ライトアップは心意気の「粋」。

 ソラマチは普通の商業施設のようで洋服屋とか入っているみたいなのでスルー。
 四階から階段を下りて行くと、ソラマチ広場のモニュメントが写真を撮るポイントになっているらしく、列が出来ていました。

tatedume3.jpg

 これくらいの列は並んでみようかね。

tatedume1.jpg

tatedume2.jpg

 スカイツリーが三本のタテヅメで支えられている宝石のように見えるようです。
 色々考えるねぇ。

blue3.jpg

 そんなわけで、スカイツリーに別れを告げ、家路へと向かったのでした。

 終わり?


wasi.jpg

 ちなみに当日のワタクシ。
 相変わらず1000円で落とした帯と着物。
 一番高いのは中に着ている撫松庵の嘘つき襦袢(セール品)。

 そして、眺望を背景に写真撮影をしてくれるコーナー(もちろん有料)があったのですが、掛け声が、

「空から撮るから〜」
「いい顔撮れたから〜」


 ……。こういうのはさ、言う方が恥ずかしがってちゃダメでしょ。
 聞いてる方はもっと恥ずかしいんだから。
 スカイツリーの公式キャラクターが「ソラカラちゃん」という星の形の頭をした女の子なので、そういう掛け声なようです。
 皆に見守られながら恥ずかしがらずに笑顔で撮って頂ける自信のある方、ぜひチャレンジして下さい。

 一応、電波塔なので、各テレビ局のキャラクターショップがありました。
 スカイツリー登頂? 記念のお土産はスカイツリー型のボールペンと無難にストラップになりました。

 次に行くのはきっと高すぎて値下げしたあたりでしょう……。
 東京タワーより早く登っちゃったね、と言いながら帰ってきました。

 スカイツリー観察記録、これにて終了(多分)。
written by 桔梗 at 00:00 | Comment(4) | スカイツリー観察記録 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
スカイツリーなんて、けっ!
と今までひねくれ気分もありましたが、ブログ読んでたら
あら、たのしそう!
ところっと行ってみたくなりました。
Posted by しんのすけ at 2012年06月07日 07:53
ソラマチは普通に洋服屋とか入っている商業施設のようなので、スルーして来ました。

毎週土曜日?は大道芸の方がいらしているみたいで、「くるくるシルク」と「サンキュー手塚」さんは分かったので、ほ〜と思いました。

まあ、値段も場所もとっ〜ても高い展望台ですよ〜(笑)。

お土産にメテオドライバーがいいと言われてて←
「売っとらん!」
と言ってたのに、本当に売ってた日にゃ…orz。
買わなかったけれど(笑)!
Posted by 桔梗 at 2012年06月07日 09:19
ライトアップ綺麗ですね。
まだ開業してから行ってないからそろそろ写真でも撮りに行こうかな。
面白い視点で撮ってますな。

ソラマチとか水族館とかもえらい混みそうですね。
私も出かけたらたぶんスルーしそう。
Posted by saiya24 at 2012年06月14日 12:37
石のモニュメントは写真を撮ることを考えて作られた撮影ポイントのようですよー。
列が出来ていました。
「ソラマチひろば」にあります。

ブルーのライトアップは『心意気の「粋」』。
隅田川の水を表す淡いブルーの光でタワーを貫く心柱を照らす。力強さと江戸の気風、潔さを表します。

紫のライトアップは『美意識の「雅」』。
鉄骨の細かな構造体を衣に見立て伝統色である江戸紫をテーマカラーとした気品ある雰囲気。金箔のようにきらめく光が優美さを放ちます。

だそうです。

足元はお客さんが入らなくて四苦八苦しているらしいので、どうぞ、ソラマチではないところで、ご飯を食べて下さい(笑)。
Posted by 桔梗 at 2012年06月14日 16:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。