2016年05月17日

暑いですね

 気温が25度を超える5月になると、どうしても単の着物が欲しくなる……。
 だがしかし。タンスというか、押し入れには着物があるぞ。

 ということで、胴裏が黄変し八掛はポリという大島紬もどき(ヤフオクで1000円)の着物の胴裏を変える気にもなってないので、これを単にしようと思います。正確には胴抜きだな。
 この前、二枚ほど黄変した胴裏を交換しましたが、胴裏は安くヤフオクで落札、交換は安かった京秀苑さんにお願いしました。10800円って破格だよ……。ありがとうございます。

 ちなみに参考にしたサイトは、『着物の仕立て屋 花梨の日々つれづれ』さんです。胴抜きの続きも……。

 これは胴裏を再利用しない場合です。わたしは黄変しまくりなので、捨てるつもりなので、ガッスガッス行きますよ!

 まず、同じように、八掛にしつけ。
 自分で着るからいいのよ、自己満足の獣道なの。

 袖周りチョキチョキ。

単に

 この細かく縫ってあるところ、解いたら戻すの面倒そうだから、残す。

単に

 こんな感じ。

単に

単に

 頑張って細く残した所は、手でガスガス解きました。
 その後掃除機で吸い取る。

単に

単に

 衿を外してたら、着物本体も解けることが判明(だから和裁も洋裁もまともにやったことないずぶの素人だよ!)。

単に

単に

 慌てて、解いては縫い、解いては縫い、を繰り返すことに。

 あとは、背縫いを二重にしたり、袖を始末したりと、胴裏を外すところまでは行きました。
 衿は胴裏交換の際の襟裏が一枚残っているので、それを使って広衿のままにするか、バチ衿にしちゃうか悩み中で、まだ本体からは外してません。

 続きはまた今度。
 ちなみに雑巾用のボロタオルもたくさんあるので、雑巾も縫わねばならぬよ。
written by 桔梗 at 16:31 | Comment(2) | ケモノ・キモノ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まだ5月なのに暑い日が続きますね、、、
今年は昨年より暑くなるって、、毎年言われてるような、、、

ケモノ道突き進んでおりますなー。
捨てようとしてるものだから気兼ねなくチャレンジできますね!
Posted by saiya24 at 2016年05月25日 12:36
ありがとうございます(笑)。ケモノミチです。
高い価値のある着物ではないし、昔の人は自分で手入れして普段着として来ていたはずなので、自分でやってなんとかなるでしょ! のケモノミチです。
だって解いて洗って三代着れますって、身長の関係で絶対無理だもん。なんで今でもそこを押し売りポイントにするのかなー。
ボロになるまで着倒すのが洋服も和服も本望だと思います。
なんでもやってみよう! がポイントです。チャレンジ精神が大事(笑)。

5月で30度って絶対昔はなかった。わたしが小学生の頃は無かった!!
Posted by 桔梗 at 2016年05月25日 22:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。