2016年05月24日

暑いですね2

 ケモノミチを歩んでおります。

 胴抜きやめて、やっぱり単にしようかなーなんて思って、襟下のところ解いてみたら、1cmしか無かった……。

単にする

 これじゃー、単にするときに衽のところがどうにもならん! ともう一折した分、身頃側に衿をつけることに。

単にする

 このまち針が元の縫い位置。

単にする

 これくらいですね。

 衿は全部は解かず、中途半端に解いて修正してみました。

 ちなみに、背縫いは二度縫い、もしくは背伏せで処理。とインターネットを探すと書いてあります。
 そして、背伏せは生地の収縮の問題で、着物と同素材を用いるようにと。
 ……。すでに本体と胴裏が絹、八掛がポリという着物です……。
 絹の背伏せのみを購入するのに1,000円位……。しかも付け方よくわかんない……。
 そもそもわたしが死んだらそれまでの着物で、元値が1,000円……。

 よし! 二度縫いでいいや! と思い、二度縫いって、縫ったところに重ねて縫うことだよね、なんで本返し縫いで縫わないのかな〜と一応縫ってあるところを上からもう一度ちくちく並縫いしたら、背縫いの二度縫いって、二重線を引くように縫うことだってさ。
 直線だから、もう一度縫ってみようとオモイマス……。

 ちなみに雑巾は二枚縫いました。
posted by 桔梗 at 20:20| Comment(0) | ケモノ・キモノ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。