2016年11月17日

転んで両肘ボキン

 相方が、転びました。
 転んで手のひらをついたところ、肘を痛めまして、なんかヤバイぞと、日曜日の夕方電話が入る。
 とりあえず、買い物中でしたので、家に帰り、#7119にかけて、夜間で受け入れてくれる病院を探す。
 三件教えてくれましたが、どこも整形外科の先生がいないと断られる。
 近所のそこそこデカイ病院にかけるも断られる。
 面倒になったので、第一次の大学病院に直接電話して、来院OKをもらう。

 さて、車の運転不可能なので、タクシーを呼ぶ。
 日曜の夕方過ぎ。一時間探して電話かけまくって、一台もつかまらねぇ!!!
 ようやく捕まり、病院へGO。

 運良く整形外科の先生に診てもらえましたが「右肘ヒビですね」とギブシーネで固定。
 近所の整形外科に紹介状を書いてもらう。似た名前の整形外科が二つあり、一つがめっちゃヤブなので、そこだけは勘弁!!!と(そこで見落として手術になった患者が行った大学病院に回されてくるんだよ知ってんだよ)、ヤブくない方に紹介状をお願いする。
 今時の紹介状、ディスク一枚です。びっくりしたわ。
 封筒にディスク一枚入ってる。回る回るよ時代は回る。

 次の日、近所の整形外科に行って、レントゲン撮り直すと、
先生「あー、両方骨折してるわ。左のほうがひどいかも」
看護師さん「ご愁傷様です」。
ってなわけで、両肘固定。首から吊る。
 大学病院でも見つけられない骨折を見つける先生、名医なんだけどちょっと変人なのだ。
 先生、紹介状を見ながら、
「よく整形外科の先生いたね〜。ラッキーだったね〜。夜間の救急外来に整形外科の先生がいることは滅多にないよ〜」
だそうだ。
 探したさ!!! 受け入れてくれる先を!!!
 はっきりって一人でご飯も食べられないしー、トイレも行けないしー、全介護状態。
先生「奥さんに甘えてね?」
わたし「……がんばります……」

 数日たち、トイレはなんとか一人で行けるようになりましたが、お風呂歯磨きご飯と全介助。
 二日間は痛みが激しく、夜中に起きて保冷剤を何度も取り替えたので、ベッドの下で寝て、寝不足です。

 ふたりで笑うしかないので、とりあえず大笑いしましたが、携帯も耳にあてられないので、ハンズフリーで電話。
 一週間後にレントゲン撮り直して経過観察して、二週間でギブスは外れるかなーってところ。
 本人情けねえと風呂に入れてもらうたび落ち込んだりしてますが(着替えも出来ませんよ〜)、やってくれる資格持ち(ヘルパー持ってる)が奥さんで良かったじゃないのさ。一人だったら目も当てられん。
 髭剃りも慣れてきました。
 でも、疲れる。介護疲れってこういうことねとしみじみと(笑)。

 そんなんで、しばらく忙しく? 疲れて寝てます(それは毎日か?)。
 御用があればメルフォからメールでもください。

 では、皆さん転んで両肘骨折って本当にあるので、お身体は大切に。
written by 桔梗 at 15:49 | Comment(0) | 日々是雑記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。