2013年03月30日

コインランドリーへ行ってみよう

 着物をクリーニングに出すと、恐ろしい値段になりますね(出したことないですが)。
 ってことで、コインランドリーで洗って見よう講座です。

 ひとまず、ネットで皆さんの情報をチェック。
 うん、行けそうです。
 近所の「ミ○ターランドリー」に行ったらドライ機械が置いてなかったので、別のお店へゴ−。

 ドライ機械が混んでいたので、店員さんに予約してお金を払います。
 仕上がり時間を聞いて、携帯番号を書きます。
「着物? 初めてじゃないわよね? 色落ちしないか試すだけ試すわね」
 一応、紬と白っぽい付下げとアンティークの黒い繻子の袷の三枚です。
 色落ちしなかったようで、ネットに入れて持っていったのですが、
「着物? ネットなしで大丈夫でしょ」
と言われて、おとなしくネットから出しました。
 ちなみに初めてでしたが(笑)。
 ちなみにこのお店のドライの値段は4キロ1,500円。

 実はダウンコートも持っていって、一緒に洗ってしまえと思っていたのでしたが、ダウンはここは水洗いだそうです。
 ダウン、洗ってみようかなーと一番小さい洗濯機を開けたら、水カビ臭かった!!! ので、これなら家の洗濯機で洗ってやらー!!! と思い、洗うのはやめました。

 結果、白い付下げは手垢見たいな汚れが落ちて白っぽくなった分、シミが目立つというか(笑)。
 色物は別に、変化なしで。
 ホカホカを出して頂きましたが、匂いとかは大丈夫でした。
 気分が良くなったので、これから着物はコインランドリーでドライにしようと思います。

 っていっても、基本的に洗濯機で洗える綿とかウールの着物しか着てないんで、あんまりお世話になることもないような気がしますが。
 とりあえず、付下げに金とかちょっと載ってましたが大丈夫でしたよ。
 まあ、オークションで安く買ったものですので、プロに仕立てて頂いているような方はきちんと悉皆屋にお出し下さいませ。

 あ、絹の付下げの裄が短かったので(64センチじゃ、現代っ子には手首丸見えですわ)、けっきょくほどいて自分で出しました。
 アイロンかけたら線も消えたし、なんとかなりました。

 こーやって書いてると、本当にケモノミチですね。
 いいんだ、庶民だから。
 庶民には庶民に相応しいお洒落とお手入れがあると思う今日このごろ。
posted by 桔梗 at 17:31| Comment(0) | ケモノ・キモノ | 更新情報をチェックする

2013年03月13日

爪皮

爪皮

 下駄の先につける爪皮を作ってみました。
 雨の日とかに足の先が濡れないようにするもの。
 二枚刃の下駄につけるものです。
 でも、二枚刃の下駄、苦手なんですよね(笑)。
 ビニールコーティングされた生地を手縫いで縫って、ハトメは百均で購入。

 参考にさせて頂いたサイトは「色のあるくらし」。
 型紙までありました。
 どうもありがとうございました。
posted by 桔梗 at 13:51| Comment(0) | ケモノ・キモノ | 更新情報をチェックする

2013年02月28日

接客の基準というもの

やりすぎ?

 ネット・オークションで安く(1000円くらい)落札したウールの着物にレースをデコって、「ふ○ふ」と「し○ら」に行ったら店員に見向きもされなかったです。
 着物で行くと見向きもされず、洋服で行くとしつこく接客される呉服屋ってなんでしょう。
 っていうか、やりすぎたの?
 わたしがデコり過ぎてて、いかにも玄人っぽく横道にそれすぎてしまったの?

 よくわからん。
posted by 桔梗 at 18:35| Comment(2) | ケモノ・キモノ | 更新情報をチェックする

2013年02月24日

Twitterから情報

 東日本大震災チャリティきものバザーなるものが大阪・阿倍野長屋で開催されるそうです。
 これは被災地の遺児たちに売上を寄付するそうです。
 阪神淡路大震災を経験した大阪ならではの息の長い支援を続けておられるようで、応援したく、家の中の着物を漁って、少しですがお送りしたいと思います。

 寄付されている方々のメンツもスゴイし、わたしの手持ちが売れるかどうかは怪しいものですが、っていうか、わたしが買いに行きたいくらいですが。
 着物整理を兼ね、かつ、それが誰かの役に立つならお送りしたいと思います。

 色々、個人的に忙しく、新聞を三週間溜め込み←、勇気100%を踊りまくり←、変な方向で忙しい毎日です。
 買った漫画も読んでないよー。
posted by 桔梗 at 15:59| Comment(2) | ケモノ・キモノ | 更新情報をチェックする

2012年11月29日

お正月用

お正月用

 お正月用に帯を作り帯に変更。
 うん。吉祥柄で調度良いでしょう。
 もし、白寿で写真を撮るとなったら、でっかいどーに着物一式持って行ってやるんだ! そしてみんなに白い目で見られてやるんだ!
posted by 桔梗 at 13:41| Comment(2) | ケモノ・キモノ | 更新情報をチェックする

2012年11月10日

月平均一回

 冷静に考えたら月平均一回くらいは着物を着ているような気がします。
 普段着ですから、その度に洗濯機にGO!してますが。

 この前、珍しく伊勢木綿の着物を置いてある呉服屋さんの前を通ったので入ってみました。

店員さん「皆さん、ドキドキされますけれど、木綿なら手洗い出来ますよ〜」
ワタクシ「わたしは伊勢木綿は洗濯機で洗ってますが」
店員さん「伊勢木綿は伝統を守りつつカジュアルな現代的なものも……という感じですよね。最近はネットでは見ますが店頭に置いてあるのは少ないんですよ」
ワタクシ「臼井さんはマリ○ッコのデザインやってた方のとかも織ってるんですよ」
店員さん「普段から着物を着られる方ですか?」
ワタクシ「ええ……まあ……」
店員さん「式典とかで着ないんですか?」
ワタクシ「式典に出る機会がないです」

 いや、そういう接客するアナタも洋服じゃないですか。
 つーか、式典ってなんですか。
 式典に出るようなご身分じゃないのですよ。

 ネットでしか見たことなかった臼井さんの伊勢木綿の緑色の気になってたやつを実物で見られて良かったですが、ねー。
 この微妙な気持、きっと着物を普段着として着る方なら分かって頂けると思いたい。

 もう一つ、洋服と着物とを一緒に売ってるお店に入り、そこは店員さんが着物姿で、
「普段から着られる方ですか? 半幅帯便利ですよね〜」
とか、
「小物を変えたりするだけでもイメージ変わりますよね〜」
と言っていた。
 うん、あのね、小物とか帯揚げはプリント生地とかで代用しちゃうんだ。
 お金ないから。
 着物もね、ほとんどオークションで1000円とかでしか買わないんだ。
 お金ないから。

 そーゆー訳で、桔梗オリジナル・ケモノ道、続く。
posted by 桔梗 at 18:11| Comment(0) | ケモノ・キモノ | 更新情報をチェックする

2012年10月04日

普段着です

 居内商店さんで購入の伊勢木綿の着物と桔梗の半幅帯で、キャスケットに髪の毛を突っ込み(毛先傷んでる)チャリンコに乗り←、信号待ちしてたら肩を叩かれた。

「あなた素敵じゃない! わたし昔の人だからついつい見ちゃうわ」

 年配の女性の方。
 つまり、着物を着ているのがカッコよいと言いたいのだろう。

「はあ……。チャリ乗ってますが……」(我ながらよくわかんない回答だ)

 わたしにとって、特別なお出かけ着でもなんでもなく、普通に着るものなので、何がなくても着たい時に着るのである。


 その同日、「あら素敵!」とか「ちょっとこっち来てよ」とか「なんで着てるの?」とか知らない人からも色々言われました。
 わたしにとっちゃあ、なんで着物着てるだけでこんなに色々話かけられねばならぬのかが不思議でしょうがない。
 つい数十年前は普段着でしたのよ、奥さん。

「これはわたしの普段着です。普段何もなくても着物を着る人間なんです」

 と、答えてすべてかわしましたが、不思議だねえ。
 絹じゃないから洗えるし、別に何十万もする格好をしているわけでもないのにねえ。
 自国の民族衣装を着て目立つって不思議だねえ。
 チャリ乗ってるのは目立つと思うけれどさ。
posted by 桔梗 at 18:47| Comment(0) | ケモノ・キモノ | 更新情報をチェックする

2012年09月14日

チャリ

 はい。
 念願の着物でチャリに乗ってみよう! をいきなり実行に移しました。

 結果。
 めくれるが、洋服用のペチパンツ履いてたから、恥ずかしくない←。

 ちなみに多分、恥ずかしくないのはワタシだけで、よそからガン見されてたと思う。
 マキシ丈のスカート履いてると思えばどってことないかな。

 わたしの自転車のフレームがかなり低いため、乗りやすいチャリであることは確かです。

 うん、そういうわけで、襦袢は可愛いのを着て汚れても洗えるのを着たら、乗れる、という結果でした。

 ちなみに今日は二部式襦袢の上とペチパン。しじら織りの着物と作り帯でした。
posted by 桔梗 at 22:27| Comment(2) | ケモノ・キモノ | 更新情報をチェックする

2012年08月29日

実は

 着物好きなのに、実は浴衣は数年ぶりに着ました……。

yukata.jpg

 うーん。数年ぶりに新調したので絶対に今年は着たいと思っていたので着れて良かったです。
 そして帰りに下駄で猛ダッシュで競争してみたり。←
 相方はせっかくのお洒落を、

「アクティブでない」

とのたまうが、ワタシは着たいんだい。
 下駄で競争できるような人間なんだからいいじゃないか。
posted by 桔梗 at 00:00| Comment(0) | ケモノ・キモノ | 更新情報をチェックする

2012年08月25日

ケモノ道は続く

 相変わらず安く落札した帯。
 材質不明と書いてあった。
 さ〜洗ってみよー。

ケモノ道2

 パリっとしたベージュ地の単で、どうも着物の色移りまでしているくらい汗かいてるような帯です。
 さー水洗いしてから、アクロンと手間なしブライト投入!

 はいさっぱりー!!

ケモノ道2

 パッチワークと刺繍糸のところ(特に赤ですがこの写真じゃわかりにくいですね)がにじみましたが、まあ別にこれくらいはわたしの許容範囲です。

 ちなみにこれも作り帯にしてしまおうと思っています。
 帯を切った端の糸を燃やしてみたら豪快に燃えたので、綿か麻、もしくは混合だと思います。
 パッチワークのところが違ったのね。
 まあ、そんなケモノ道。
 真似はしないでくださいね。
posted by 桔梗 at 22:15| Comment(0) | ケモノ・キモノ | 更新情報をチェックする