2011年10月20日

久しぶりにデパートへ

ケモノ

 お着物着て出かけました。
 背筋が伸びます。

 そして思ったのだが、着たいから着ているのに、なんで着物を着ていると褒められるのだろう、ということ。店員さんは褒めて商品を買わせるという下心があるとして(笑)、着物姿の店員さんと着物姿のお客さんが、お互いの着物コーディネートを褒めあってるのは何かあるのだろうか??
 それとも着物ってそういう仲間意識を刺激してなんかこー、「Oh!トモダチトモダチ」みたいなそういう気持ちにさせる何かがあるのか?

 そういうのに乗れなかった人間でした。

 だって、服屋に洋服を買いに行って、手にした商品のセールスポイントを話しかけられることはあっても、自分の洋服のコーディネイトを褒められることはまず無いでしょ??? それともあるのか? わたしがセール品しか買わない人間だから????

 あと、会場の男性店員さんに、
「それなんですか? 触ってもいいですか?」
と、着物を触られました。
 木綿着物、そんなに珍しいの?
 着物=絹なの?
 わたしは普段着の着物を着たいんだよー!!

 そして、電車内でスーツ姿の白人さんが持っていたカバンが、何か見たことある…とずっと考えていたら、黒皮の学生鞄でした。高校時代に持ってたよ。重いし入らねーし、チャリに括り付けないとだしで、すぐに使わなくなったやつ……。でも一応、服装検査(笑)の時は持ってこないと怒られるやつ。
 鍵つくし、ガッチリしてるし、色も黒だし本革、だよね。確かにね…。
posted by 桔梗 at 11:59| Comment(2) | ケモノ・キモノ | 更新情報をチェックする

2011年10月18日

趣味です!

 趣味です!と断言できるほど持っているわけでもなければ、そんなに頻繁に着れないんだけれど、着物とか和物が好きです。
 絹ではなく、ジーンズ地だったり、スーツ地だったり、そういうお家クリーニングが出来る、普段着としての着物が好きです。

 購入先はほぼここです。
 居内商店
 知る人ぞ知る居内さん。
 ここが一番良心的で、面白いと思います。
 わたしは大好きです。

 で、羽織を持ってないので、羽織が欲しくなり、そうすると羽織紐が欲しくなる。
 この無限連鎖……。

 で、貧乏人はリサイクルショップに駆け込むわけですね。

羽織紐

 あわせて1000円にしてもらいました!!
 無双の奴はS管が壊れているのでおまけでいいよと言われたので、たくさん買ってしまった。
 さあ、あとは問題の羽織を入手する!

 今週の伊勢丹・新宿店の「モダンきもの in ISETAN」に出没予定。
 わたくしを見かけても声は掛けないで下さい……。
posted by 桔梗 at 10:45| Comment(4) | ケモノ・キモノ | 更新情報をチェックする