2013年02月06日

お巡りさんは現代人2

 さて、お巡りさんは財布を改めて、中身を確認します。

 千円札が31枚←。
 クレジットカードが二枚。
 JAFの会員証が一枚。
 あとはレシートやら名刺やら何やら。
 小銭は一切なし。

 JAFの会員証とクレジットカードの名義で落とし主の名前はわかりました。
 にしても、千円札だけで31枚って……。何??

 さて、中身が改まったトコロで、この持ち物を、もし落とし主が現れなかった時に引き取るのか引き取らないのか、を確認します。
 棄権した場合、お金は都道府県の歳入になります。
 これで都に入ったらなんか悔しいなと思ったので、一応有権で処理してもらいます。

「んー。名前もわかるし、これはすぐに持ち主見つかるんじゃないですかね」
 ってお巡りさんは言ってます。
「すぐ見つかるなら棄権してもいいけれど……」
「どーしますか?」
 目の前の札の多さに目がくらむ。
「一応、有権で!」
 お巡りさんは自分の署名捺印して、物件の引き取り期間を書きました。
 そんなんで立ち上がって自分でパイプ椅子をたたんで、元に戻します。
 この前は、
「こちらでやりますからいいですよ」
って言ってくれたんですが、お前が片付けて当然という態度。
 一番上の拾得物件預り書をピリッとはがして手渡してくれます。

 で、持ち主が現れた場合、こちらの氏名や住所を教えることをに関して同意するかしないかで、本当は署名が必要なはずなんですが、なんかテキトーにスルーされたので、まあいいか、と家に帰りました。
 わたし、免許証出しただけで、何も書いてない。拇印も押してない。
 なーんかおかしーなあ。


 さて、家に帰って、疲れて寝ちゃって午後十時。
 風呂も入ってなければ飯も食ってねーぜ!って時間に家電がかかってきました。
 家人が、
「はい、もしもし」
と出ると、
「桔梗さんはいますか」
とのこと。電話を変わる。
「もしもし。桔梗さんでしょうか」
「ハイ」
「わたくし、○○警察署の○西と申しますが、昼間の拾得物の件で……」

 ちょっと待てえええええ!!!!
 お前なあああああ、こんな時間(夜十時)に電話かけてきて、「夜分スミマセン」とかなんとか一言も無いのか!!! いきなり用件か!!!!! お前いくつだ。本当に社会人か!! 礼儀とかマナーとか言葉は知っているのか!!!!!

 夜分スミマセンの断りもなしに、夜10時に用件から入るおまわりさん。

 このお巡りさんね、若い人だったんですよ。
 多分キャリア組で、現場実習一年目で交番にいたんじゃないかな……。
 現場の方に特有の気遣いとかそういうの、一切感じなかったです。
 なんていうかね、やってもらって当然っていうか……。
 自分で勝手に座って、それが普通。椅子出したんだから、片付けていくのが普通。
 そっちは善意で市民の義務、俺は仕事、みたいな。

 用件は落とし主が現れたので、こちらの住所氏名を教えて欲しいと言っているのだが、その確認の署名を貰わなかった。所有権を放棄すれば署名はしなくて済むし、こっちで書類は処理するし、住所を教える義理はない。さあ、どうする?

 まあ、そう言われたらねえ。
 別に菓子折り持って挨拶に来いとも思わないし。
「住所とかは教えなくていいです。以前わたしもお財布を拾って届けて頂いて助かっているので、あなたが同じ立場になったら、その通りに行動してくれたら嬉しいですと伝えてください」
 と言いました。
「じゃあ、棄権ということでいいですか。書類はこちらで訂正しておきますので」
 ……。そうなんですけれどさ、それ、有印公文書偽造とまでは行かなくても、変だよね。
 っていうか、わたしの気持ちを伝えてくれと願っているのに、欠片もそれに答えてくれてないよね。

 そんなんで、良い事したんだけれど、ちょっとその気持が伝わっているのか疑問形でした。

 情けは人のためならず。

 なので、わたしの財布が無事に戻ってきたのと同じように対処できて良かったです。
 拾い物得意なので、まだまだきっと交番に行く機会はあるでしょうね。
 その時のお巡りさんは良い方だといいと思います。

 落とし物は交番へ。
 ってことで、ワタシが何か落としたら、交番行くので、誰か届けて下さい。お願いします。
written by 桔梗 at 00:00 | Comment(0) | オマワリさんと桔梗 | 更新情報をチェックする

2013年02月05日

お巡りさんは現代人

 あまりに警察と関わり、その度に日記にネタを提供してくれるので、思わずカテゴリー新設。過去の警察ネタも移行しました。
 さて、今日も元気に? 警察ネタをいってみよう〜。


 さて、横断歩道をチャリチャリしていたら、お財布が落ちておりました。
 黒皮二つ折り。チラッと見ると10枚束な千円札がたくさん。
 一応、イイオトナですし、過去に財布をまるっと届けて頂いておりますので(その節は拾って下さった方ありがとうございます)、これはキチンと届けないとなぁと進行方向を見ると良い具合にパトカーがっ!

「すいません〜。すぐそこでお財布拾いました」
「申し訳ないんですが、書かなければならない書類等あるので、交番の方に……」
「やっぱり? ハーイ。行ってきます」
 ←声に出すなよ。やっぱり言うなよ(笑)。
 そんなこんなで行き慣れて来た←近所の交番へ。

 交番って入る前に、入り口に警察官が仁王立ちで立ってたり、向こうから声をかけられてりして、あんまりすっとは中に入れてくれないんです。
 チャリを交番の前に止めた時点で、
「どうしましたか?」
と尋ねられました。
「お財布拾いましたー」
「じゃあどうぞ」

 チャリから降りて、カバンを持って中に入って、財布を渡します。
 お巡りさん、書類を出して、
「どこで拾いましたか?」
「地図見せて下さい」
 ここで、何番地のいくつって言えたらはっきりって変だよね。
 近辺の地図を出してもらって、ココ、と指差します。
 警察官、机についておもむろに書類を出して、聞き取りを開始しようとします。

 ちょっとまってえええええ。
 お前は座ったままで、わたしは立たされたままかい!!!!
 後ろに椅子があって、それを以前は「どうぞ」と出してくれたんですが、その気配がないので、こっちから、
「椅子お借りしていいですか!」
と、断って椅子を出して座ります。
 中身を改める前に、こっちの住所確認。
 面倒なんで、免許証渡して書き写させます。←
 コレがその免許証。

免許証

 まあ、これはネタで。
 本物を出して書いてもらいましたよ。

 なんか微妙に長くなりそうなので、続く。
written by 桔梗 at 17:00 | Comment(0) | オマワリさんと桔梗 | 更新情報をチェックする

2012年03月19日

調書作成・番外編

 長めの春休み最中、いきなり電話がかかって来た。

「○○警察ですが、あの〜1月にですね、毛布を盗まれた事件で……」

 あれ、1月だったかぁ……。時間の立つのは早いなぁ。
 そして、バッチリ聞き覚えのある声。わたしは目が悪いので、人の声をよく覚えて、声で判断することが多い。まあ、目が悪いと聴覚が敏感になるという、そういう例です。

「調書に間違いが見つかりまして、もう一度署名捺印を頂けませんか?」

 は〜、そうですか〜。

 てなわけで、15分後にあっという間に家に警察官が来た。確かに見覚えがある。
 再び署名、そしてハンコを押して、割り印も押してお終い。

「これでようやく資料を検察に送って終わりになります」

「お疲れ様です〜。……ところで犯人またやった?」

 わたしもデバガメだなぁ。

「はは。某道路をちょうど自転車で走っていくのを見ました」

 さすが、警察官。人の顔をよく覚えているもんだ。

「あれ、またやるよね〜。病気だもんね〜」
「精神的なものから来てますからね」
「更正プログラムとかあるといいんだけれどね……」

 まあ、そんな話しをして警察官は去って行きました。
 2ヶ月前の書類不備が見つかるなんてお疲れ様です。

 そして、犯人が更正プログラムに繋がり、病気を認めて回復してくれることを祈るばかりです。
written by 桔梗 at 19:35 | Comment(0) | オマワリさんと桔梗 | 更新情報をチェックする

2012年02月03日

調書を取るのは大変なのだ編

 さて。警察署につきました。

 なぜか表ではなく、裏に停めてくれました。
 警察官に扉を開けてもらって(私はシートベルトを外していた)降り、そのまま二階の窓のない小部屋に案内されました。
 この小部屋は何室か並んでいて、いわゆる『取調室』なのでした。
 ふーん。被害者もここで調書を取るのね。
 隣には写真を撮ったり指紋を採ったり身長を計ったりする機材がありました。←扉が開いていたのでとりあえず覗いてみた。
 容疑者は別室で、一応顔を合せたりしないように配慮してくれている模様。

 席について、まず茶が出てくる。
 被害者には茶が出るんである。
 ほほーう。知らんかった。
 茶を飲んで一息ついている間にもいろんな警官が立ち代り入れ替わりして準備中。
 その一人を捕まえて、わたしがまず頼んだこと。

「アイスなんで、冷凍庫入れてもらっておいていいですか?」

 だって溶けたら困るでしょ。
 身分証明書として免許証を出し、犯行時間?の把握のためにアイスのレシートを出し、携帯の履歴と110番着信の時間の突き合せ。
 その間にわたしの身元も確認しているようだ。
 前科なんかないので、もちろん問題なし。

「自転車、ご自分の名義の物ですよね? 防犯登録番号分りますか?」
「ソレ今すぐ分ったら、わたし変な人ですよね?!」
 ↑マジでそう言った。
 警察官は軽く笑った後、
「買った時期を教えてもらえますか?」
 それと住所で分るらしい。すごーい。でも考えたら防犯登録はそのためのものだもんね。
「ちょっと毛布貸してもらえますか?」
 毛布のサイズやメーカーやらを見るのであろう。問題なく渡す。

 茶ー飲んでいる間に、警察官がノートパソコンを持ってくる。
 昨今は調書もパソコンで作成するらしい。

 そして、ここから聞き取りが始まった。

続きを読む
written by 桔梗 at 00:00 | Comment(4) | オマワリさんと桔梗 | 更新情報をチェックする

2012年01月30日

犯人確保!!

 さて。前回の続きでございます。

 めでたく署名を終えたわたしは、そのままスーパーの隣のホームセンターの中に入っているスーパーに行き(笑)、連れに買うと約束していたアイスを購入しました。ちなみに自分にはずんだ餅とクルミ餅の冷凍品。他のを検討されると時間がかかるので、冷凍食品コーナー直行、レジ直行。
 めでたく購入してカピバラさんの袋に入れ、アイスの溶けないうちに帰んべとチャリ置き場に直行。

 我が住まいは人口が多いので自転車利用者も多く、まずはどこに停めたかな、とチャリを目で探します。
 あった、あった。
 でもなんか変。
 前かごに入れておいたひざ掛けがない。
 そのまま視線を移すと、見知らぬ30くらいの小柄な女性がチャリのハンドル両方に鞄を下げて、そしてその人の前かごに見慣れた毛布が!

 は? ←状況が良くつかめない。

 つかつかと歩み寄って、毛布をむんずとつかみ、
「これ、わたしのなんですけれど。」

 相手は「あー、そーですか。スミマセン」と(←謝ったかどうか記憶が定かではないが)とにかくそんな感じで、慌てた様子もなく、ごくごくフツー。
 わたしもフツーにスルーし、そのまま自分の自転車に行きかけて、思い直す。

 ちょっと待て!! これは犯罪だああああ!!!

 慌てて追いかけて、相手の自転車の荷台を掴み、
「あなたのやってることは犯罪ですよ。警察に電話します!!!」
 と、そのまま110番通報。

「ハイ。110番です。事件ですか、事故ですか」
 以前にも110番したことがあるからわたしの対応は冷静だ。
「事件です。某区の某地のホームセンターで、自転車から毛布を盗まれました。今犯人捕まえました」
「はい、某スーパーの隣ね。犯人は暴れてないですか?」
「大丈夫です」
「今すぐ行きますから、暴れるようならまた110番して下さい。来たら合図して下さいね」

 わたしは電話を切ると、相手が逃げられないように、チャリのスタンドを引きロックをかけ、「失礼します」と言ってカギを抜き取りました。
 そのまま無言でにらみ合い。
「身分証明書は?」
「持ってません」
 見ると相手の前かごはチャリに荷物を括り付けるゴムバンドでいっぱいだ。そして両ハンドルにかかったエコバッグは毛布でいっぱいだ。
 この量、この荷物、怪しすぎる……。
 相手はなぜかマスクを取り、耳あてを外し、帽子を外し、鞄に入れて、その上から毛布を掛け直した。
 わたしは(つーか、こいつ眉毛ねーなー、書いてんなー)と思っていた。だって目元しか最初は見えなかったから。
 一応、わたしも怖いので、通行人にお店の人を呼んでもらおうかどうか悩みながらにらみ合いをしている間に、パトカー到着。
 手をふって呼び込む。

 相手は警察に任せて、チャリに毛布を入れて警察が記念撮影じゃなかった、証拠写真を何枚か撮る。ちなみにわたしも指差したりして映ってる。
「被害届を出してもうらうには警察署に来てもらわないとなんですが、お時間大丈夫ですか?」
 被害届を出さんと窃盗にならんので、
「行きます!」
と返事。

 わたしのチャリはそのままホームセンターの駐輪場に残して、パトカーに乗せてもらう。
 相手のチャリは警察官が乗って警察署へ。
 相手は別のパトカーで連行。
 ちなみに、チャリに乗る警察官に、
「頑張ってね〜」
と、応援。
 だって、ちょっと距離あるから。

 パトカー乗るの初めてだなーと、後部座席に犯罪者じゃないので気分良く乗せて頂きました。

 ここから先が実は長かった。
 次回、取り調べ編。
 ちなみに警察署にいた時間はだいたい三時間です。乞うご期待。←
written by 桔梗 at 12:04 | Comment(2) | オマワリさんと桔梗 | 更新情報をチェックする

2011年10月04日

感謝!

 先日、日暮里駅前のマクドナルドでお財布を落としました。
 気が付いて急いで戻りましたが、マクドナルドには届いておらず、そのまま走って交番へ。
 交番に走りこむとちょうど、中身を改めている見慣れた財布が。

「それー!!!」

 思わず叫びました。
 免許証も現金も無事でした。
 届けて下さった方は、権利も放棄し、お礼のご連絡もいらないとのこと。
 書類を書いてその場で返して頂きました。

 カード類はポイントカードだけですが、現金と免許証は痛い。
 そもそも財布を落としたことが精神的に痛い。
 本人確認は財布に入ってた免許証で確認ってことで済ませてくれました。

 拾って、そのまま警察に届けて下さった方、ありがとうございます。
 お財布、無事に戻りました。
 本当にありがとうございました。
written by 桔梗 at 10:37 | Comment(2) | オマワリさんと桔梗 | 更新情報をチェックする

2010年03月04日

落し物は交番へ

 2月の頭に家の鍵を落としました。

 どこで落としたかは大体想像が付いて、落としたのは鍵一個のみ!という非常にラッキーな落とし方。

 でも、家に入れず(当たり前だ)、不動産屋に連絡して予備の鍵を買うという羽目に。

 キーホルダーやらキーカバーやら色々じゃらじゃら付けていたので、きっと子どもが持っていったと思われる。

 鍵だけでいいから交番、もしくは公園の管理事務所に届けてくれーとの願いもむなしく、今のところ鍵は見つかっていません。

 鍵に住所や名前が書いてあるわけでもないので、まあ大丈夫だと思うのですが。

 家の鍵を無くすなんて、生まれてこの方初めての経験。

 不動産屋の電話番号も携帯に入れておくといいことあるなあと思った今日この頃。
written by 桔梗 at 09:58 | Comment(2) | オマワリさんと桔梗 | 更新情報をチェックする