2016年07月20日

Windows10にしかならないのはバグだ

 セブンが大好きな桔梗です。
 Windows アプデは手動で行っております。
 ニッチなPCゲーマーの環境構築さんの【Win】 WindowsUpdateで入れなくても良いKBリスト。2016年7月13日まで分を毎度確認して、連休中は入っていたのがいくつかあったので、コンパネからプログラムの削除、更新されたインストールで探して削除してました。
 最近、Windows アプデと環境構築に恐ろしく時間がかかるので、夜中に放置プレイで実行。
 ついでにバックアップも久しぶりに取りました。

 連休はPCメンテで終わりました。疲れた……。
written by 桔梗 at 00:36 | Comment(2) | PC小ネタ | 更新情報をチェックする

2016年07月04日

カップそうめん

そうめん???

 水筒でめんつゆ、氷。そうめん係、器係、ってお昼にみんなでそうめんやってたバカな時代の終わりが悲しい。
written by 桔梗 at 19:26 | Comment(2) | 小ネタ | 更新情報をチェックする

2016年06月17日

どこでもドアの出口

ネタ

 階段を降りていて、ふと見上げたら、こんなところに非常口が。
 きっとここがどこでもドアの出口です。
written by 桔梗 at 00:00 | Comment(0) | 小ネタ | 更新情報をチェックする

2016年06月16日

お中元のターゲット

ネタ

 お中元のターゲット層がわからないので、悩んでいます。
written by 桔梗 at 20:42 | Comment(2) | 小ネタ | 更新情報をチェックする

2016年06月11日

ブロック最強

ブロック最強伝説

 でも、けっこう痛そう……。
 ちなみに男子バレーは動体視力が追いつきません。
written by 桔梗 at 22:09 | Comment(2) | 小ネタ | 更新情報をチェックする

2016年05月24日

暑いですね2

 ケモノミチを歩んでおります。

 胴抜きやめて、やっぱり単にしようかなーなんて思って、襟下のところ解いてみたら、1cmしか無かった……。

単にする

 これじゃー、単にするときに衽のところがどうにもならん! ともう一折した分、身頃側に衿をつけることに。

単にする

 このまち針が元の縫い位置。

単にする

 これくらいですね。

 衿は全部は解かず、中途半端に解いて修正してみました。

 ちなみに、背縫いは二度縫い、もしくは背伏せで処理。とインターネットを探すと書いてあります。
 そして、背伏せは生地の収縮の問題で、着物と同素材を用いるようにと。
 ……。すでに本体と胴裏が絹、八掛がポリという着物です……。
 絹の背伏せのみを購入するのに1,000円位……。しかも付け方よくわかんない……。
 そもそもわたしが死んだらそれまでの着物で、元値が1,000円……。

 よし! 二度縫いでいいや! と思い、二度縫いって、縫ったところに重ねて縫うことだよね、なんで本返し縫いで縫わないのかな〜と一応縫ってあるところを上からもう一度ちくちく並縫いしたら、背縫いの二度縫いって、二重線を引くように縫うことだってさ。
 直線だから、もう一度縫ってみようとオモイマス……。

 ちなみに雑巾は二枚縫いました。
written by 桔梗 at 20:20 | Comment(0) | ケモノ・キモノ | 更新情報をチェックする

2016年05月17日

暑いですね

 気温が25度を超える5月になると、どうしても単の着物が欲しくなる……。
 だがしかし。タンスというか、押し入れには着物があるぞ。

 ということで、胴裏が黄変し八掛はポリという大島紬もどき(ヤフオクで1000円)の着物の胴裏を変える気にもなってないので、これを単にしようと思います。正確には胴抜きだな。
 この前、二枚ほど黄変した胴裏を交換しましたが、胴裏は安くヤフオクで落札、交換は安かった京秀苑さんにお願いしました。10800円って破格だよ……。ありがとうございます。

 ちなみに参考にしたサイトは、『着物の仕立て屋 花梨の日々つれづれ』さんです。胴抜きの続きも……。

 これは胴裏を再利用しない場合です。わたしは黄変しまくりなので、捨てるつもりなので、ガッスガッス行きますよ!

 まず、同じように、八掛にしつけ。
 自分で着るからいいのよ、自己満足の獣道なの。

 袖周りチョキチョキ。

単に

 この細かく縫ってあるところ、解いたら戻すの面倒そうだから、残す。

単に

 こんな感じ。

単に

単に

 頑張って細く残した所は、手でガスガス解きました。
 その後掃除機で吸い取る。

単に

単に

 衿を外してたら、着物本体も解けることが判明(だから和裁も洋裁もまともにやったことないずぶの素人だよ!)。

単に

単に

 慌てて、解いては縫い、解いては縫い、を繰り返すことに。

 あとは、背縫いを二重にしたり、袖を始末したりと、胴裏を外すところまでは行きました。
 衿は胴裏交換の際の襟裏が一枚残っているので、それを使って広衿のままにするか、バチ衿にしちゃうか悩み中で、まだ本体からは外してません。

 続きはまた今度。
 ちなみに雑巾用のボロタオルもたくさんあるので、雑巾も縫わねばならぬよ。
written by 桔梗 at 16:31 | Comment(2) | ケモノ・キモノ | 更新情報をチェックする

2016年05月14日

三社祭の前日です

三社祭

 はじめて見ました。
 三社祭のお神輿。

三社祭

三社祭

 浅草神社の麒麟はともかく、龍はなんていうか……。
 なんていうか……。
 いたような、いないような……。
written by 桔梗 at 21:31 | Comment(0) | 日々是雑記 | 更新情報をチェックする

2016年05月13日

シロップかけ放題

三社祭

 蛇口からシロップ〜!!!
 斬新である。
written by 桔梗 at 21:05 | Comment(2) | 小ネタ | 更新情報をチェックする

2016年05月12日

こどもの日

鯉焼き

 あるファミレスにて、緋鯉の丸焼き。
 ……違う。
written by 桔梗 at 00:00 | Comment(2) | 小ネタ | 更新情報をチェックする